YouTubeのビジネス活用方法は様々!

テレビや雑誌という媒体が勢いを落としている中、新しい媒体として企業の注目を集めているのがYouTubeです。
YouTubeはパソコンやスマートフォン、タブレットで気軽に見ることが出来る動画共有サイトで、企業の公式動画から一般人による投稿動画まで幅広いジャンルをそろえています。

一般人で熱心に動画を投稿している人はYouTuberと呼ばれていて、広告収入を得ていることが多いです。
最近では教育の面でも使えると話題になっており、動画を見ながら学習をするという方法を取り入れている学生も増え始めています。
YouTubeではチャンネル登録というシステムを採用していて、チャンネル登録数が多いYouTuberはそれだけ視聴者数も多いということになり、宣伝効果は高いということになります。
企業や個人事業主などは商品のマーケティングを行い、その商品が若者をターゲットにしている場合はYouTuberに仕事を依頼することが増えています。
若者をターゲットにする場合、テレビや雑誌に広告を掲載するよりもYouTubeに広告を載せたほうが効率が良いのです。

このようにYouTubeはビジネスチャンスが広がっている媒体であり、上手く活用しいこうと考えている企業や個人事業主は増加傾向にあります。
次はYouTubeをビジネスで活用することのメリット、デメリットを考えていこうと思います。
メリットはベンチャー企業のような資金力に乏しい企業に多くあります。
ベンチャー企業は素晴らしい技術や優れた商品を開発する能力はありながら、それをアピールしていく宣伝力が足りないです。
テレビや雑誌に広告を載せるには数千万から数億円かかることが多いです。
ベンチャー企業でそれだけの予算を持っているところはほぼありません。
なので、少ない予算で効率よく宣伝していく方法を探すしかないのです。

そこで注目を浴びたのがYouTubeのようなインターネットを駆使した媒体です。
YouTubeはチャンネルを運用していくのにお金は掛かりませんし、運用方法や管理方法も難しくはありません。
なので、ベンチャー企業にはメリットが非常に多いです。
デメリットは再生回数が思ったように伸びない場合、ほとんど宣伝効果が期待できないということです。
YouTubeで再生回数を伸ばすには視聴者が興味のある動画を投稿しなければいけないです。
チャンネル登録をしてもらうには魅力的なコンテンツになる必要があります。